2010年08月07日

自律神経って何だ?

早漏克服の鍵を握る、副交感神経の活性化ですが、勃起を司るのが副交感神経で、射精を司るのが交感神経

この副交感神経も、交感神経も自律神経と呼ばれます。
と言うか、副交感神経と交感神経が自律神経なのですけど。

では、自律神経とは何でしょう?

自律神経と対比される神経は、随意神経と呼ばれます。

「随意」とは「自由に」というような意味で、この神経系はわたしたちの手足、頭、胴体などの運動を司っていて、ある程度意志の力でこれを働かすことができるので、随意(運動)神経系と呼ばれます。

随意神経系と対照して、不随意である「自律神経系」は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意な機能を制御しています。

例えば、「心臓の鼓動のスピードをちょっと変えてみてください」といわれてもできませんね。心臓は自律神経で動いています。

ただし、ヨガを極めた人などは変えられます。でもそれはイメージを使ってのことです。怖い場面や興奮する場面を頭の中にイメージして速くしたり、海をイメージしてリラックスさせてゆっくりさせたり、といった方法です。基本的には、自律神経は自分の意志ではコントロールできません

自律神経と随意神経には、それぞれにアクセルとブレーキがあります。

アクセルが「交感神経」で、ブレーキが「副交感神経」です。

早漏は、アクセルばかり踏んで、ブレーキを踏んでいない、ブレーキが壊れている状態なのです。

そうなると当然、事故を起こします。

それが、早漏なのです。

ストレスとリラックスの関係で言うと、
交感神経が活発になっている状態、アクセルを踏んでエンジンがフル回転になっている状態が、ストレスの状態です。
走りっぱなしだといつか壊れてしまうので、ブレーキをかけて休む必要があります。つまり副交感神経を活発にさせる必要があるのです。この状態が、リラックスしている状態です。


勃起と射精の関係で説明すると、
副交感神経が勃起状態を作り出し、交感神経が射精を引き起こします。副交感神経から交感神経へのスイッチ交換が上手く行かず、早過ぎると早漏ということになります。

興奮してアクセルである交感神経が暴走しそうになるのを、ブレーキである副交感神経が抑える。

要は、この交感神経と副交感神経のオン/オフができるようなればいいわけですが、ブレーキである副交感神経は、自分でコントロールできるものではありません。

ただ、副交感神経を刺激して活性化し、リラックスした状態にもっていくことはできます。

副交感神経を活性化し、早漏を克服する方法は、『完全早漏克服マニュアル』で詳しく解説しています。



2010年08月06日

早漏克服にはリラックスすることが重要

リラックス状態は、早漏克服のために、次の二つの理由で重要です。

一つ目は、頭と体が回復するための時間を作る。

二つ目は、リラックスすることで、潜在意識への回路を開く。


リラックスすることで、様々なイメージを想像し、願望を現実化していくイメージトレーニングを効果的に行うことができるようになるのです。


私の著書、『完全早漏克服マニュアル』では、早漏克服のために、効果的にリラックスするための3つの方法を紹介しています。

この方法は、早漏克服に不可欠な脳内ホルモンのセロトニンを活性化するためにも有効な方法です。

どれも簡単ですので、継続して実行してください。
早漏だけでなく、ED(勃起障害)やうつ病の改善にも効果的です。